FC2ブログ

フロントフォークOH

CB1300のフロントフォークのOHを行いました。

前々から気にはなっていたのですが、

先週のジム練で右側のオイル漏れがあまりにひどかったので。

DSCF0395.jpg
拭いても拭いてもこんな状態。
走った後はもっとひどいです。

DSCF0394.jpg
まずフロント周りをばらし、、、

DSCF0396.jpg
フォークを車体からはずします。

DSCF0397.jpg
オイルを抜きます。
大分汚れていました。

DSCF0398.jpg
フォークを出来る限り分解します。

DSCF0399.jpg DSCF0400.jpg
パーツクリーナーで掃除します。

DSCF0401.jpg
はずしたオイルシールとダストシール
ダストシールは細かい亀裂が、
オイルシールも新品と比べて硬化してました。
漏れの原因はシールの経年劣化と思われます。

DSCF0402.jpg DSCF0403.jpg
インナーチューブをとりつけて、
シールドライバーを使用してシールを打ち込みます。
この為にシールドライバー買っちゃいました。

DSCF0405.jpg
メスシリンダーで測りながらフォークオイルを入れていきます。
CB1300は片側500cc使用します。
泡が立たないようにゆっくり入れていきます。
オイルが入ったらインナーチューブ、フォークダンパーを上下させて
エア抜きをします。

DSCF0404.jpg
調整器で油面調整します。
余分なオイルをこれで吸い取ります。
油面とはインナーチューブを一番下まで下げたときのトップからの油面を言います。
今回はCB1300の標準油面160mmとしました。

DSCF0406.jpg
スプリング等の部品を元通りにして
トップキャップをとりつけます。
この時、トップキャップは仮止め。
締まるところまで締めておきます。

DSCF0407.jpg
完成です。
トップキャップはトップブリッジに取り付けてから指定トルクで本締めします。

DSCF0408.jpg
元に戻して完成。

丸一日かかってしまった。

サービスマニュアルを見ながら、

一つ一つ工程を確実にこなしていけば何とか出来るもんですね。

DSCF0393_convert_20110826232608.jpg

上手く出来ているか明日の朝練で確認してきます。
スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

roots

Author:roots
以前は安全運転講習会からジムカーナ系練習会にも参加し、
二輪ジムカーナ参戦も考えていましたが、
自身の環境の変化でそちらの趣味は封印せざる終えず(苦笑
現在はレストアした2スト原付二種でプチツーを細々と(こそこそと)楽しんでいます。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

熱海バイクパトロール倶楽部
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR