FC2ブログ

ハイエースの床張り①

うちのトランポのハイエーススーパーGL。

貨物のくせに荷台がカーペット張り。

バイクを積載すると汚れるし掃除は面倒だし、何かと不都合です。

床張りにしたいと思いながらもなかなか踏ん切りがつかず、ゴムマットを敷いて良しとしてきました。

ところが、

SARC仲間のハヤテさんがバイクをトランポするために自家用車をハイゼットに買い替え、

しかも納車数日で床張り加工して練習会に参加してきたではありませんか!

これは、さすがに私のDIY魂に火がつきましたねщ(゚Д゚щ)

ということで昼休みや終業後の空いた時間を使いながらハイエースの床張り化に挑戦することとしました。



いろいろな方がハイエースをDIYで床張りしています。

ほとんどはカーペットをはがして、ボディーに根太を仕込んで床張りしますが、

私はカーペットはそのままにしてその上に床を敷くことにしました。

理由は何かの時にすぐに元に戻せるようにしておきたかったからです。

はがしたカーペットの保存場所にも困るしね(´・ω・`)


ジャ~ン!!
CIMG0231.jpg
いきなりですが、コンパネを内装形状に合わせてカットして敷きました(・∀・)

寸法は定規で測りだしてジグソーでカット。

隙間が結構ありますが、イイんです!

これは下地ですから。

この上に床材を敷いていきます。

CB1300を積載することが目的なので、リアシートを畳んでその下にもパネルを敷きます。

パネルは3分割になっていますが、

一番奥は固定せず、パネルをどかせばシートを組み立てられるようにしておきます。

真中と手前はタイダウンフックのボルトを利用して固定してしまいます。



次にこの上に床材を敷いていくわけですが、仕上げですので慎重に採寸する必要があります。


CIMG0227.jpg
これは型取りゲージという道具で、どんな形でも写し取ることができる道具です。

これを使って細かく採寸していきます。

CIMG0226.jpg

いきなりフロア材にケガキする勇気はないので、ボール紙で型紙を作りフロア材にケガキます。

これならかなり正確にカットできます。

面倒かもしれませんが手間を惜しむと後で苦労するのはどんな仕事でも一緒だな。

CIMG0228.jpg
ケガキしたらジグソーでカット。

ジグソーのブレードは「円切り用」を使用したほうが細かい曲線がきれいに切れます。

CIMG0229_20121110212008.jpg

ということできれいに納まってくれました。

CIMG0230.jpg

隙間はこんな感じ、スポンジか何かでパッキンも兼ねて化粧してみようと思います。

CIMG0232.jpg

タイダウンフックを固定するボルト穴をあけます。

位置はあらかじめ下のコンパネにボルトを通しておいて、

フロア材を敷いてその上からプラスチックハンマー等で叩いてやると跡が付きます

そこをドリルで穴開けします。

とりあえず今週はここまで。

続く、、、




スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

roots

Author:roots
以前は安全運転講習会からジムカーナ系練習会にも参加し、
二輪ジムカーナ参戦も考えていましたが、
自身の環境の変化でそちらの趣味は封印せざる終えず(苦笑
現在はレストアした2スト原付二種でプチツーを細々と(こそこそと)楽しんでいます。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

熱海バイクパトロール倶楽部
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR