FC2ブログ

こんなグリップ交換作業その1

今回はバイクのグリップ交換について

ボンドG17等のゴム・金属用の接着剤で接着するのが一般的ですが、

この接着剤がなかなか厄介だと思ったことはありませんか?



接着剤をハンドルバーとグリップ内側に薄く均一に塗るわけですが、

この接着剤の伸びが悪くダマになってしまって上手くいかない。

またこの接着剤、半乾きの状態で貼り合わせることで本来の接着強度が出るわけですが、

グリップ自体が接着剤なしでもなかなかハンドルバーにはまらないのに、

半乾きで摩擦がさらに増した状態では不可能に近いわけです。



1.接着剤をぬってすぐに接着材自体を潤滑剤としてはめこむ

2.パーツクリーナーなどを使って滑らせてはめこむ。

3.接着自体しない人。

(グリップ自体のゴムの摩擦である程度なら動かないからという理屈)



どれも間違いじゃないと思いますが、どうも気分的にしっくりこないですよね。

1は接着剤の本来の強度が出ないと思いますし、

2だと接着剤が変質してしまうだろうし、

3はなんだか運任せ?みたいでいやです(^^;



そこで私的バイクのグリップ交換方法を紹介します。

材料と道具はこれ
F1000113.jpg
①ゴルフグリップ交換用両面テープ
②ゴルフグリップ交換液
③はさみ(両面テープを切る)
④パーツクリーナー(古いグリップをはずす時使う)
後はウエスを何枚かとドライバーくらいかな。

ゴルフクラブグリップ交換用というところがミソです。

この二つはスポーツ用品店で¥1,000しないくらいで売ってます。

まず最初に、
F1000115.jpg

養生をしましょう。

タンクやエンジンなどを傷つけたり、

クリーナーや交換液などが垂れて塗装を犯さないためにも

面倒くさがらずにやったほうが良いです。


それでは、

まず、古いグリップを取り外しましょう。

(すみません、はずす工程の写真はないです)

グリップの隙間にパーツクリーナーのノズルを差し込んで注入します。

するとだんだん糊が剥がれて古いグリップがはずれてきます。

気長にやりましょう。

コンプレッサーがある人はエアーを吹き込んでみれば簡単にはずせます。

古いグリップを使わないひとはカッターで切ってしまったほうが仕事は早いです。

グリップが外れたらバーとアクセルグリップ(正式名判らない)に残った糊を綺麗に取って

脱脂します。

パーツクリーナーを吹いてウエスでこすればぼろぼろと剥がれて綺麗になります。

接着剤がクリーナーで剥がれるということは・・・・

そうです。

上にも書きましたが、パーツクリーナーを使って新品グリップをはめこむ

というのが良くないと書いたのはこの理由があるからです。

せっかくの接着剤が意味をなさなくなっている可能性が高いからです。

接着剤派のひとで潤滑剤かわりに使うならパーツクリーナーよりも

うすめた台所洗剤のほうが良いかもしれませんね。

グリップが綺麗に外れたらいよいよ新品グリップのはめこみです。

つづく・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

roots

Author:roots
以前は安全運転講習会からジムカーナ系練習会にも参加し、
二輪ジムカーナ参戦も考えていましたが、
自身の環境の変化でそちらの趣味は封印せざる終えず(苦笑
現在はレストアした2スト原付二種でプチツーを細々と(こそこそと)楽しんでいます。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

熱海バイクパトロール倶楽部
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR